The Historic spot in Kashiwazaki Izukas Residence
TEL/FAX 0257-20-7120 E-mail
柏崎市 史跡 飯塚邸
邸内のご案内図

表門
表門は、出桁造(だしげたづくり)の大規模な長屋門で、大きなケヤキ材が用いられ、門番所が組み込まれています。 門の正面中央には大扉が、右側には潜戸(くぐりど)付きの控扉が設けられています。 また、両側には蔵が配されており、その姿には見る人を圧倒されるものがあります。
One of the good points is that there is a large door made of KEYAKI at the center of the front gate.

秋幸苑(しうこうえん)
主屋の西側に広がる庭園は、建造当初から殆ど姿を変えず、変化の多い池庭を中心とした池泉回遊式になっています。 園内は、様々な大径木により地面が湿潤に保たれており、苔類が育まれています。 また、石灯籠や景石、多様な植物により、四季折々の情景を楽しむ事ができます。
There is the Japanese garden on the west side of the house to enjoy taking a walk around the pond. There are also various kinds of trees, moss,and stone lantern in the garden, so that you can enjoy the scenery changes from season to season too.

展示室
上手蔵(かみてぐら)と下手蔵(しもてぐら)の二棟を展示室とし、 飯塚家で使われていた生活用具や代々伝わる名器を展示しています。

主屋
主屋は、座敷棟・勝手棟・居宅棟・新座敷棟・裏土蔵棟で構成されています。 座敷棟部分は当初、江戸時代末期に建てたれた平屋建てでしたが、昭和20年代に二階を増築したと言われています。 新座敷は大正期に増築されたもので、裏中門の形の居宅部分も同時期のものと考えられます。

行在所(あんざいし
行在所(あんざいしょ)の御座所は新座敷棟二階十畳の間、御寝所は御座所の向かって左側十畳、御化粧室は二階六畳、 新聞御覧所は御座所の右側六畳の間となっています。 長尺材、無節材、巾広材、そしてケヤキ材など最上級の部材が使われており、 当時の上質な和風建築のあり方がよくわかる造りになっています。
The shape and thats scale of the house represents what the high-quality style of Japanese structure should have been those days.



柏崎市 史跡 飯塚邸
〒945-1122 日本,新潟県柏崎市大字新道5212-4 TEL/FAX 0257-20-7120 E-mail
© 2017 kashiwazaki shiseki iizukatei. All rights reserved.